愛知県名古屋市/土地の測量/土地家屋調査士みどり事務所
愛知県名古屋市緑区左京山1007番地
名古屋の土地家屋調査士みどり事務所がご案内する。不動産の調査・測量・不動産登記の相談総合支援サイトです。


 メールはこちらまで
みどり事務所TOP測量業務サイト>トラブル予防のために
トラブル予防のために

トラブル予防のために 1 (現在土地を所有の場合)
■現在土地を所有の場合・・・
境界のトラブルは、結局のところお互いの境界についての認識が異なっているという事となりますから、当事者が境界について認識が一致しているかどうかの確認をするのが一番かと思います。
 
その場合、境界杭があればそれを再確認し合い、ないのであれば境界杭を設置するのが良いかと思います。何れの場合も測量を行い登記簿面積、公図との整合性などを検証し、測量図を作成したうえで確認、合意書面への署名押印をされるのが良いと思います。
 
また、隣接地の所有者は売買や相続などによっていつかは変わる日が来ます。その時ことも踏まえて考えておくのが得策でしょう。

まとめ
1、測量を行い正確な境界の位置を確認しましょう。
2、位置を確認したら境界杭を設置し測量図を作成しましょう。
3、境界確認書(合意書面)などを双方取り交わししましょう。
4、設置した境界杭の写真などを撮って保存しましょう。

トラブル予防のために 2 (土地の売買の場合)
■土地の売買の場合・・・
購入者の立場にて解説いたします。
 
不動産取引の際に、不動産業者さんに「境界確定測量」が行われているか尋ねます。
 
■境界確認測量が行われている場合
行われていれば図面などの「成果図書」がありますので、問題はまずありません。
最終的な決済の時に、この「成果図書」は通常買主に引き継がれます。
一応契約の前に内容を確認しておくことをお薦めします。
 
確認する際のポイント
1、測量図面に「土地家屋調査士」の朱印が押印してあるか?
2、測量図面に境界標の明示がされているか。
3、余裕があれば図面を持って現地に境界杭を見に行くのも良いと思います。
4、官有地道路立会い、民有地隣接地立会いの「立会い確認書」が添付されているか?
5、越境物がある場合には、「越境物の確認書」や、その旨の特記事項などが記載され
  た書類があるか?
これらの内容を確認しておけば、まずトラブルになる恐れはないでしょう。
 
■境界確認測量が行われていない場合
この場合は、しっかりとした境界標があると考えられます。
例えば、区画整理が完了している場合など。
こうした場合には、不動産業者さんもプロですから経験上、トラブルに「なる」「ならない」の判断の上で結論を出しているはずです。
念のため、業者さんに確認をするのも良いかと思います。
 
そして、ご自身で現地に出向き自分の目で確認されることをお薦めします。
さらに、自分の目で確認されたら、今度は勇気を出してご近所に確認をされるもの方法の一つと考えます。
これは、資料調査、役所調査だけでは分からない色々な事実が浮上してきます。
最終的な判断を下すのは購入者である皆さんです。
購入後の後悔を無くすためにも、これくらいのことは是非行ってください。
不動産の購入に費やすエネルギーは、購入前に8割を使ってしまっても良いのではないでしょうか?
 
一般的な不動産売買契約書を見ますと「境界の明示」といった内容が契約条項中に記載されていますので、取引後のトラブルは、不動産業者さんにも売買、仲介に立ち会った者として責任が及んできます。
 
下記は一般的に記載されている契約条項です。
(境界の明示及び実測図の作成)
1、売主は買主に対し本物件引渡しのときまでに現地において隣地との境界を明示する。
2、売主はその責任と負担において隣地所有者の立ち会いを得て測量士または土地家
  屋調査士に標記の土地(C)について実測図を作成させ、引渡しのときまでに買主に
  交付する。
 
このような事も踏まえて業者さんも業務を行っていますので、尋ねればたいていの場合教えてくれます。
教えてもらえないのであれば、考え直すのも一つの手段かもしれません。

【みどり事務所主な業務エリア】
<愛知県>名古屋市(千種区、東区、北区、西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、緑区、名東区、天白区)
北名古屋市・春日井市・稲沢市・津島市・愛西市・尾張旭市・日進市・江南市・一宮市・岩倉市・小牧市・大府市・東海市・知立市・刈谷市・半田市・清洲市・弥富市・大治町・蟹江町・甚目寺町・豊山町・岡崎市・安城市・豊明市・豊田市・豊橋市・豊川市・その他愛知県内及びその周辺
〒458-0825 愛知県名古屋市緑区左京山1007番地
土地家屋調査士みどり事務所
有限会社みどり事務所
(C)2004,みどり事務所,All Rights Reseved